読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこはかとなき防備録。

他の記事(防備録)も見てみてください...

難しい話には本質が隠れている

ということは、簡単な話には本質はない。

私はもっと深く学びたい。

これから見るものは希望でいっぱいで 輝いている 期待していい 信じていい

期待していい  信じていい

 

たとえ輝いていなくとも、私が輝かせればいい。希望でいっぱいだと思い込んでいればいい。

日本暗いよー!悪しきネットの広告について思うこと!

2つある!!

 

一つ目!!

 

内容がエグい!グロい!アングラ!はしたない!小さい子に悪影響!

そんな人間の汚いところばっかり見せられても、楽しくねーよ!!

 

二つ目!!

 

追尾型広告がうぜー!!画面の下にフワフワと浮きやがって!!クリオネかお前は!!

 

 

と、愚痴を言って満足しただけで終わらせたくないので、もっと考察する。

 

いったいなぜ、広告を出す人は、こんな酷い内容の広告を、こんな迷惑な形態で出すのだろうか?

 

私なりに思うのは、下のことである。

 

この日本国民が低俗化し、早急になってきたことが、企業の出す広告に、変化をもたらしたのではないだろうか。

 

どちらも、背景にはインターネットの使用の増加がありそうだ。

 

とくに、匿名という、顔を見なくてもコミュニケーションがとれるシステムは危険だ。

顔が見えないと、どうしても攻撃的になってしまう。なぜなら、傷付く相手が想像しにくいからだ。

 

また、ネットを使用していると、やはり、しっかりした文章を読む機会が乏しくなってしまう。何か調べたいことがあって検索をかけても、検索トップにあるのは、「~する方法3つ」や、「~くれない10の理由」などの、どこかで聞きかじったような薄っぺらい内容のサイトばかりだ。(だから僕は、検索するキーワードに、「スペース はてな」と追加して、ちゃんとした文章があるサイトを検索できるようにしている。結構便利ですよ。)

 

話が若干変わるが、とにかく広告主というものは、売れるものを売れる形で売りまくろうとする。

日本国民はどうやら、元気で明るい話題のものは好まないのだろうなぁ。

人生は大体80年しかないんだし、この世も、そんなに辛くて苦しいものでは無いはずなのだが。

 

おっといけない。私には悪い思考の癖があるのだった。自分の価値観は、相手も持っているはずだ、と思い込み、勝手に思考を進めてしまうのだ。私はまだ、自他の分離というものができていない。また、人から悪い評価を受けて打ちのめされる経験も足りない。YouTubeの動画に低評価が付いていると許せないのだ。改善せねば。頑張っていかねば!

 

以上です。読んでくれてありがとう。なんかあったらレスポンスください。

 

私は私の景色を見る。私は私の人生を生きていく。

人間の深い考えに触れられてよかった。

 

私は

 

「この人」のすることに一々構う、みっともない人生を送らない。

 

私は

 

親の欲求を満たしてあげるために生まれた訳じゃない。

 

あの人たちから嫌われないように努力して生きて行きたくない。

 

あの人の言うことなどスルーして生きたい

 

 

今までの私

は、他人を否定して自分を示していた。

他人も認めて、自分も認められるようになる!

学歴

そこの人にも良いところがある。この人にも良いところがある。あの人にも良いところがある。私にも良いところがある。

 

学歴で判断できるほど、人は単純じゃない。

東大卒でも、同じぐらいの大学でも、下のでも、中卒、高卒、専門卒のでも、自分と仲良くなれるかどうかは、関わってみて決める。 

失敗しなければ成長できない。

何もしなければ、何も得られない。

泳いだこともない人が、泳げるのか?